*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
災難・・・(-_-;)
一昨日、急きょ淡路島の実家に帰ってました。

と言うのも、実家の母(83)が、階段から落ちたと連絡があったんです

本人から電話があったんですが、もう既に病院にも行って来たとのこと。

頭から足の先までレントゲンを撮ってもらったようで、

結果、肋骨に少しヒビが入ってるのと、左手の薬指の脱臼だそうです。

頭も打ったようですが、脳には異常がありませんでした。

喋るのもしっかりしてたので、大丈夫かなとも思ったんですが、

さすがに階段から落ちたとなったら、心身ともに弱ってると思ったので

様子を見て来ました。

会って、顔を見てビックリ!!!

顔面が真っ青というか、真紫というか、うっ血して顔全体変色してるんです

目も腫れて、ほんとお岩さんのような顔

顔だけ見たら、相当重傷のように思えますが、

骨折もなく、寝込むようなことがなくて良かったです。

元々、膝も悪いし、腰も痛い・・・

満身創痍状態ですね


こんな状態でも、うちの父親は、母親のことを非難します。

昔からそうなんです。

母親のことを家政婦のようにしか思ってないんです。

思いやりなんて、これっぽっちもありません。

父が母に、「ありがとう」なんて言ったことなんて、ないんじゃないでしょうか。

今回も、心配なんてするはずもなく、「ボサ~っとしとるからや!」と

怒鳴ったそうです。


母がそんな体なので、家事もろくに出来てない様子。

洗濯物も畳めず、ほったらかし。

掃除もできず、ホコリだらけ。

でも、父は何もしません。

で、私に言った言葉が、「家の中もこんな状態や!何もせぇへんのやで!」と。

さすがに私もキレました。

「何もせぇへんて、こんな体やねんから出来らんやろ!

 腹が立つかも知らんけど、もうその歳で、腹立てて、憎んで、怒っても

 仕方ないやんか!ちょっとは助け合おうとは思わんの!!!」と

思わず怒鳴ってしまいました^^;

耳が遠いので、聞こえてるのか、聞こえてないのか分かりませんが、

下を向いて黙ってましたが・・・

ほんと、情けないです。

もうちょっと思いやりを持って、長年連れ添った母を労わって欲しいんですけどね。


しかし、離れて暮らしてると、何かともどかしいですね。

近いと、こんな時もササっと行って、家事が出来るんですが・・・

介護サービスをまだ受けてないので、申請しようと思ってます。


これからはもっと体も動かなくなって、まともな生活が

出来ないようになって来るんでしょうね。

考えると頭が痛いですが、仕方のないことです・・・


実家から遠く離れたところに嫁いだ方は、親の介護はどうしてるんだろ・・・




<今日の晩ご飯
○小えびの天ぷら
○なすと平天の炊いたん
○冷奴
○しめじの味噌汁
KIMG0953_20160708000159b9a.jpg




応援お願いします


こちらも参加中です。よろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
お母様大丈夫ですか お大事にm(__)m 私は自電車で30分ぐらいで
実家に行けますが・・・父が2年前に亡くなってから月、水以外は
毎日実家に行ってます。母はまだ働いているのですが、帰って来た時に
誰もいないと寂しいと言われたのと、少しでも家事をしてたら楽かなと思って
でも、時々嫌になりますよ。何でも頼ろうとするので・・・
それでも実家に行く私です。
No title
こんにちは!
おばばちゃん生前の頃からずーっと読み逃げさせて頂いてる者です <(_ _*)>
お母様大丈夫ですか?
今回の記事があまりにもうちと同じでコメントせずにいられませんでした。

私の父も母の事を使用人とでも思ってるんじゃないかという扱いで
キレると手が付けられないし、まったく困ったもんです。

一度泣きながら父に訴えた事がありましたが
同じく耳が遠いもんで聞こえてたんだかどーだかって感じで(^^;)

先の事を考えるとホント頭が痛いです。
どうしたらいいんでしょうね。
なんの解決にもならないコメですいませんです。

お母様お大事に。

No title
寝込むような具合じゃ無かっただけでも不幸中の幸いかもしれなかったですね。
でもぉ~   お父様酷過ぎ~~~~
もう少し労わる気持ちを持ってあげて欲しいですぅ・・・
お母様が可哀そうですょ。
なんでぶっきらぼうなんでしょうね・・・
男の人は・・・
実際には心配してられるんだろうけど・・・

離れて暮らしてると すぐに飛んで行ってあげられないのがもどかしいですね。
ウチも実家の母は一人暮らしをしています
何かがあってからでは遅いのだと言うことは気になっています
訪ねていった時に発見!では・・・
考えさせられる問題ですね
ご存知だと思いますが、お節介でごめんなさい。
ご実家の役所の介護課か地域包括支援センターにご相談されてはいかがですか?
お母様、おだいじに。
大変でしたね
私の実家は香川県高松市でした〜
今から17年前から10年間介護に通いました…経験者の1人です。
父は79歳迄現役で働いておりましたがその頃は痴呆症になっていました
母が目を覚ましたら、ずぶ濡れの背広姿の父がいた!母からの連絡で
飛んで帰りました...徘徊が始まりアル中それから3年亡くなるまで......
母は私に「なんにも優しくしてくれんか!あんたの父親だから面倒みて」
ずっしり堪えましたが、家族が優しく協力してくれました。

今、お嫁ちゃんが5分先の両親の介護に大変です...心は親の事ばかり
息子から「おかあが爺ちゃん、婆ちゃんの介護に追われた時、僕ら黙って
好きな様にさせてたやろ」確かに思い出しても文句や嫌な責め言葉は...
思い出しません。お嫁ちゃんにも「黙って好きなようにさせてやってくれ」成る程。ご主人様も優しい方です....しばらく甘えて親孝行してあげてね
Re: なっちゃん様
週の殆どを、30分かけて通うのも中々大変ですね。
でも、お母様はだいぶ助かっているんではないでしょうか。
しかし、何でも頼って来られるのも、それはちょと・・・って
思うこともあるでしょうね。
お子様はなっちゃんさんだけなんですか?
だとすると、老後もお世話をするんでしょうか・・・
やはり、嫁に出た身としては、どこまでしないといけないのか?
していいものか?っていうのも難しいところですよね。
なっちゃんさんも、お体無理をしないようにしてくださいね。
Re: えび様
はじめまして♪
昔の男性は、男尊女卑的な考えで、亭主関白が当たり前というのが
多いのかも知れないですね。
若い時はそれでも通ってたかも知れないですが、老老介護の夫婦だと、
お互いに助け合わないと、生活が出来ないと思うんですよね。
80歳過ぎた今でも、母のすることの何が気に入らないのか、
何故そんなに腹が立つのか分からないんですが、いつも怒ってるんですよ。
まぁ、今で言うとモラハラ旦那ですよね。
一種の病気とまでは言わないものの、性質なので中々治るもんじゃないんでしょうね・・・
えびさんも悩まれますよね・・・
考え過ぎてもしんどいだけなので、またその時が来たら考えましょ^^;
私もまた何かいい案や、活用できる制度があれば報告しますね。
コメントありがとうございました♪
Re: 花様
ほんと、もうちょっと母を思いやってくれたらいいんですけどね。
もう既に老老介護状態なんだし、自分のことぐらいはやって欲しいですけど、
縦のものを横にもしない状態で、一日中デーンと座ってテレビを見てますよ。
ほんと困ったもんです・・・
もう少し近くに住んでたら良かったんですけどねぇ。
一応、兄が実家から車で30分ほど離れた所には住んでて、
時々は様子を見には行ってくれてるんですが、やはり男ですので、
家事を手伝うことも出来ず、母も兄には細かい用事も頼みにくいようで、
痒いところに手が届いてないような感じなんですよね。
なかなか難しいですよね^^;
Re: アラ50様
こういう情報、助かります!
おババちゃんの時は、全部ダンナさんに任せてあったので、
私はあまり知らないんです・・・
またダンナさんにも相談しながら、前に進めたいと思います。
ありがとうございました。

Re: おとしちゃん様
高松まで通われてたんですか!?
それは大変でしたねi-202
嫁に出た身だと、どれだけ実家のことに関わっていいのか?って
考えてしまうんですよね。
おババちゃんが居た頃、実家に帰る度に「嫁に来た自覚がない」
ようなことを言われたことがあって、若干、ダンナさんも
同じ考えなのかな・・と思ったことがあったので、今も実家に変える時は
少し気を使います。
両親をこっちに呼んで、同居は無理にしても、せめて近くに住めれば・・とかも
考えたりするんですが、一応実家の近くには実兄も居ますし、
そんな出しゃばったことをするのはどうかとも思ったり・・・
また兄とも相談しながら、得策を考えたいと思います。
どうもありがとうございます♪
プロフィール

Goo~たら

Author:Goo~たら
関西在住の専業ぐ~たら主婦です。
ただいまアラフォー真っ只中♪
同居人は、旦那さんと旦那さんの母。
俗に言う姑(以降 おババちゃん)。
ぐ~たら生活を打破するために、
ブログを始めました。
雑貨とガーデニング、100均が
大好きです♪
2013年5月 バトルを続けて来たおババちゃんが逝去。
続けておババちゃんの思い出も綴っていきます。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。                   ↓ ポチっとお願いします♪

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。